社会福祉法人輝風会 風の子保育園 春風デイサービスセンター そよかぜ児童クラブ 給食室より

たけのこ組(5歳児)

5歳〜5歳11か月、翌年3月には5歳11か月〜6歳10月

保育園で、一番大きいクラスです。「○○して遊びたいけど、△△しなければ」と気持ちの切り替えもできるこの時期、「お手伝い」だった当番活動も「仕事」としてやれるようになります。
 小さい子を見るまなざしもぐんと優しくなり、相手に合わせて世話をしたりもできます。
 また、課題にも挑戦する力がついてきて、いろんな悩みをバネにして壁を乗り越える力がついてきます。

どろんこあそび

スコップ 土や砂に水を入れて、にゅるっとした感触「エヘッ…」。水をどんどん入れて「ダムづくり」、泥がバシャと跳ねてきて、「キヤッ…」、身体にぬたくりはじめるとみんなの身体がアートな感じ。
 どろんこで、普段できないことを思いっきりやって、こころを解き放していきます。
 もちろんどろんこの後の暖かいシャワーは何ともいい気持ち、リラックスタイムです。

角田山登山

角田山 たけのこ組になると、春と秋に角田山登山をします。
 子どもたちと職員がグループを作り、協力したり、励ましあったりして頂上を目指します。登り切ると眼下には蒲原平野がどこまでも広がり、穏やかな日本海、「苦しかったけど登ってよかった」と思える瞬間です。角田山登山で自信をつけたたけのこ組はいろんなことに主体的に関わり、果敢にチャレンジしていきます。
 そんなたけのこ組の仲間たちは保育園の子どもたちの「あこがれの的」です。

社会福祉法人輝風会 風の子保育園 春風デイサービスセンター そよかぜ児童クラブ 給食室より